So-net無料ブログ作成
検索選択

年運で改善して金運は良くなったこと。 [年運]

2012年の事ですが、年運を占いましたが金運が良くないと卦に出ました。

自分の健康運については空亡(生剋を受けないで空っぽの状態みたいなもの)で、不安になっている状態でした。
しかし、月・日(この占術は月・日がどう作用するかが大事)からの剋(マイナス作用)はないので無事であることを知りました。

年運とは節分(二月四日頃)を過ぎて、その1年が始まるという考えから1年の運勢を占うのです。

金運を表す部分が月から生(プラス作用)があって、日からは剋(マイナス作用)を受けていました。
さらに悪いことは金運部分が発動(卦が変化すること)して、変化した先から剋を受けていました。

金運は良くないだけでなく、予定しない出費もあると判断できます。

それで、中国の先生にお伺いをしましたところ・・・
不利な金運を良くするために、ある方法を教えてくれました。

それは、ある置物の力を借りる事なんですが、南西の方角へネズミの置物を置くことでした。

五行・・火・土・金・水・木ですが地支(12支)と、その五行の力で金運に不利なエネルギーを奪うという考え方です。
金運に不利なものはそのとき金の五行でした。ネズミは水の五行で水は金のエネルギーを奪う(漏らす) 事が出来るのです。


ついでにネズミは私の空亡を補ってくれるので、二つの有利点があります。

その年は、健康はもちろん問題なく、お金を多く貯める事が出来ました。
貯金は予想よりは多くためる事が出来たのは数年振りでした。

このように不利な卦が出ても改善することができるのが、この占術の大きな特徴でもあるのです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。